◎〔アナリストの目〕NY金、8月は1200~1240ドルで推移=吉中晋吾氏


2018/08/06 07:29

 

◎〔アナリストの目〕NY金、8月は1200~1240ドルで推移=吉中晋吾氏

 

ニューヨーク金市場は6月15日以降、銅や他貴金属同様、米中貿易戦争激化

のあおりを受け、ノンストップで売り込まれてきた。ただ、夏季休暇入りととも

に底打ち感が見え始め、直近安値でもある1204ドル手前では打診買いも生ま

れやすい傾向にある。

 

しばし夏枯れのレンジ相場(1200~1240ドル)入りとなるが、

1200ドル台においては、年末ごろからの回復基調を見込んだ買い仕込みや、

投機筋の買い戻しに支えられ、底堅く推移することが予想される。

 

直近で気になる数字の一つに投機筋の建玉動向(COTリポート)がある。6

月19日以降、投機筋のネットロングは減少し続けているが、その内訳のほとん

どが新規売りとなっている。下げ相場の入り口となった1300ドル台での売り

仕掛を皮切りに、1260~1240ドル台での売り直しで厚みを持たせる動き

を見せている。

 

60ドル前後の抜け幅をターゲットとした動きであり、投機筋の典型的な行動

パターンの一つとも言えるが、上述の通り、断続的な売買ではなく、売りに厚み

を持たせ続けているのが気になる。

 

ガス抜きを必要とする時間が近づいていると言い換えることもできるが、直近

の売り仕込みが1260ドル、そしてターゲットが60ドル前後になると仮定す

ると、やはり1204~1200ドル手前の水準では投機筋が買い戻しに動くこ

とが予想される。

 

ただ、買いの転売は鋭く価格を押し下げる一方で、売りの買い戻しは地味な価

格上昇にとどまる傾向にもあるため、特に、上値の重い展開が予想される8月中

の相場においては、あくまで一つのサポート材料として受け止めておく必要がある。

 

さて、前回(5月分)のリポートでは「9月以降の1200ドル台定着の調整

局面」と述べ(5月中旬から8月中旬は)1240ドルを底値としていたが、そ

の水準も7月17日にあっさり下抜けることとなった。若干、展開が早く感じる

ものの、1200ドル台を底値と見るスタンス自体に変化はない。

 

1200ドル割れの可能性も残されているが、その値幅は限定的であり、同時

に、中期目線では強気の買いが入りやすい水準になると予想する。

 

※吉中 晋吾氏(よしなか・しんご)バークインベスト代表

 

【無断転載をお断りします。時事通信社】

 

[/20180806CCC0003]

 

 


About 吉中 晋吾 (よしなか しんご)

バーグインベスト株式会社 代表取締役社長 日系資金運用会社にてチーフディーラー兼ジェネラルマネージャーとしてデリバティブ運用業務、ディーラー育成に従事した後、2012年バーグインベスト株式会社設立。現在、同社代表。 国内外の裁定取引、スプレッド取引にフォーカスした運用スタイル。これまで指導してきたディーラーも国内外で独立し活躍している。 現在の会社では、市場研究とトレーダー/ディーラーの育成に力を入れており、また個人投資家に対しても基礎を中心とした教育プログラムを提供している。