◎〔アナリストの目〕NY原油、パーティー終了後は再び65ドル台へ=吉中晋吾氏


2018/07/02 08:28

 

◎〔アナリストの目〕NY原油、パーティー終了後は再び65ドル台へ=吉中晋吾氏

 

6月22日の石油輸出国機構(OPEC)会合以降、ニューヨーク原油は、イ

ラン産原油の輸入停止やカナダのオイルサンド施設の停止、そして石油掘削リグ

稼動数の減少等を背景とした需給逼迫(ひっぱく)への警戒感から、わずか6営

業日で9ドル近い上昇を演じ、2014年11月の水準まで価格を切り上げている。

 

OPEC会合における協調減産緩和合意が市場予想のレンジ内に収まり、上述

の要因等を背景に強気一辺倒で上昇しているWTI原油であるが、一方では、サ

ウジが7月より生産量を日量1100万バレルに増やす計画が報じられるなど、

あらゆるタイプの市場参加者が強弱要因のはざまでかじ取りに困難な日々が続い

ている。

 

米のイラン産原油輸入停止の要請は11月とされているが、トランプ大統領

が、意地でも米中間選挙までには原油価格を落ち着かせようとする思惑に対し

て、サウジが7月より1100万バレルに増産することで「利確」の先手に打っ

て出たと考えることもできるが、実際のWTI原油市場においても、ひとまず、

足元から逆ざやが形成されてる。

 

今回の原油価格の上昇はWTI主導であり、それはブレント原油など対他油種

との値差の推移や、WTI原油のカレンダー・スプレッドの傾きからも確認でき

ることであるが、今回の急騰劇をもう少し深堀してみると、売方の踏み上げが背

景の一因となっていることは留意しておかなければならない

 

プロの運用者は通常、市場全体を見渡し、ほとんどの市場参加者が参入するス

ポット価格から一歩引いた場所を主戦場としているが、時として、豊富な流動性

とアツい値動きが展開される近い場所(スポット)に収益機会を求めることもあ

る。今回は、この急騰相場にうまみを感じ、一時的に“そのエリア”にショートで

参入した運用者も多くいたが、「一時的な参入」と自分に言い聞かせながらも、

予想をはるかに上回る逆ざやのスピードに飲み込まれ抜け出しに失敗したトレー

ダーも少なからずいた。結果として、WTI原油市場では“踏み上げ”による踏み

上げが積み重なり、今回のような急騰劇を演じる一因になったと考えることもで

きる。

 

市場を“動かす”ことはヘッジファンドにも誰にもできないが、急激な流れを生

む“きっかけ”になることは多々あり、その多くは、今回のような踏み上げからも

たらされることがある。

 

あくまで一つの要因にすぎないが、直近相場を読み解く上で、ファンダメンタ

ルやテクニカル、そして外部分析だけでは解析できない側面が、このトレーダー

らのポジション動向に隠されていることは留意しておきたい。

 

ちなみに、パーティーにも終わりは来る。沈むときはショート(短時間)で

65ドル近辺に戻すことも考えられる。

 

※吉中 晋吾(よしなか・しんご)氏 バーグインベスト代表

【無断転載をお断りします。時事通信社】

 

[/20180702CCC0005]

 

 

 

 

当レポートに関しまして―

当レポートの著作権はすべてバーグインベスト株式会社(Burginvest Co.,Ltd.)に帰属し、転載および無断引用は固くお断り致します。

また当レポートは、市場の研究とその情報の提供を目的としたものです。投資方針や時期選択等の最終判断はご自身で判断されますようお願い致します。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、バーグインベスト株式会社は一切の責任を負いかねますことをご了承願います。ご理解を頂きありがとうございます。


About 吉中 晋吾 (よしなか しんご)

バーグインベスト株式会社 代表取締役社長 日系資金運用会社にてチーフディーラー兼ジェネラルマネージャーとしてデリバティブ運用業務、ディーラー育成に従事した後、2012年バーグインベスト株式会社設立。現在、同社代表。 国内外の裁定取引、スプレッド取引にフォーカスした運用スタイル。これまで指導してきたディーラーも国内外で独立し活躍している。 現在の会社では、市場研究とトレーダー/ディーラーの育成に力を入れており、また個人投資家に対しても基礎を中心とした教育プログラムを提供している。