時事通信社への寄稿記事:◎〔アナリストの目〕NY金、4月の1300ドル台は盤石か=吉中晋吾氏


2018/04/11 07:10

 

◎〔アナリストの目〕NY金、4月の1300ドル台は盤石か=吉中晋吾氏

 

ニューヨーク金先物相場は、足元の米中貿易摩擦の高まりを材料に底堅く推移

している。米中貿易戦争の第1ラウンドとなった4月の初週だが、意外にも強め

のジャブの応酬が展開され、市場全体が混乱する中、NY金市場は「魅力ある逃

避先」として安定的に資金が流入している。特にサポートとして意識される

1300~1310ドルの水準では、短中期マネーが参入する構図が続いている。

 

今後の制裁関税案のスケジュールを考慮すると、少なくとも4月中において

は、1300ドル台は盤石のサポートとして意識されるのではないだろうか。

 

注目点は①ドルインデックス(米長期金利)②建玉動向(COTリポート)と上

場株式投資信託(ETF)残高の水準となる。

 

以下、それぞれのポイントを検証する。

 

①については、特に4月以降の逆相関の動きは、若干ちぐはぐな状態が続いて

いる。リスクオン・オフが目まぐるしく展開される中、複合的なポジションが絡

み、方向性がつかみづらいことが一つの背景と考えられる。米中貿易戦争を材料

に、機械的な手口がNY金とドルインデックスの裁定取引を行う頻度を高める

中、それらの売買ピッチ(速度と回転数)がレンジを狭めてしまう傾向にある。

このため、一般の市場参加者が意識するレンジよりも、より中心に取引レンジが

移動し、利幅の「うまみ」が薄れつつある。

 

②に関しては、3日現在の投機筋のポジションが約121トン減少している

が、値位置的には1350ドル台での利益確定、1310ドル台割れで新規買い

の動きが目立つことが分かる。短期視点の先物ポジション同様に、中期視点を反

映するNY金ETF残高の増減も上記レンジを意識した動きとなっている。レン

ジ自体は狭いが、一方ではレンジ相場の分かりやすさもあり、短期売買を回転さ

せるレンジ・トレーダーにとっては有り難い構図と言えるのではないだろうか。

 

米中が4月最初の週でハードなジャブの応酬を展開してくれたことで、NY金

そのものの「レンジと(応酬を数値化する)加減」の感覚がある程度認識された

ようにも伺える。下手に外部要因の動向に神経質になるよりも、上述のNY金そ

のもののレンジを意識した方が売買もより効率的になると考える。

 

※吉中 晋吾(よしなか・しんご)氏 バーグインベスト代表

【無断転載をお断りします。時事通信社】

 

[/20180411CCC00

 

出所:時事通信社 無断転載不可

―当レポートに関しまして―

当レポートの著作権はすべてバーグインベスト株式会社(Burginvest Co.,Ltd.)に帰属し、転載および無断引用は固くお断り致します。

また当レポートは、市場の研究とその情報の提供を目的としたものです。投資方針や時期選択等の最終判断はご自身で判断されますようお願い致します。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、バーグインベスト株式会社は一切の責任を負いかねますことをご了承願います。ご理解を頂きありがとうございます。

 


About 吉中 晋吾 (よしなか しんご)

バーグインベスト株式会社 代表取締役社長 日系資金運用会社にてチーフディーラー兼ジェネラルマネージャーとしてデリバティブ運用業務、ディーラー育成に従事した後、2012年バーグインベスト株式会社設立。現在、同社代表。 国内外の裁定取引、スプレッド取引にフォーカスした運用スタイル。これまで指導してきたディーラーも国内外で独立し活躍している。 現在の会社では、市場研究とトレーダー/ディーラーの育成に力を入れており、また個人投資家に対しても基礎を中心とした教育プログラムを提供している。