時事通信社への寄稿記事



以下、弊社代表・吉中の時事通信社への寄稿記事になります。

 

 

2017/09/20 09:34

 

◎〔アナリストの目〕NY金、FOMC声明が慎重なら1350ドル台へ=吉中

晋吾氏

 

ニューヨーク金先物は、9月初旬に1360ドル台を付けた以降「有事相場の

終わり」を意識した売りが加速し、1300ドルの大台まで押し込まれたが、米

連邦公開市場委員会(FOMC)の声明発表(日本時間21日午前3時)を控

え、1310ドル台で慎重な調整を続けている。

 

北朝鮮関連の材料出尽くし感から、直面するリスクに対する感覚も徐々に緩ん

ではいるが、FOMCの声明と見通しが、今後のNY金の分岐点になることは間

違いない。仮に見通しが慎重な結果になった場合は、再び1350ドル台へ切り

返し、逆にタカ派的な結果となれば1300ドルを割り込むと予想する。

 

注目すべきポイントは①膨れ上がった投機筋のポジション②FOMCの声明と見

通しになる。

 

①については、直近の米商品先物取引委員会(CFTC)建玉報告によると、

900トンに達したことが確認されており、さすがに容量的にもガス抜きが必要

となっている状況になっている。直近の高値1360ドル台からは約50ドル近

く調整を済ませているが、実際のポジションが整理されたかどうかが重要であ

り、今後、ロングが調整されているか否かを注意深く追跡していく必要がある。

 

②に関しては、言うまでもなく声明文とドットチャートの中身に関心が集ま

る。金利見通しで、12月利上げ支持が前回6月を上回れば、NY金にとっては

もう一段下げの要因となる。しかし、留意すべきポイントは、相場には12月利

上げを想定した動きがある程度織り込まれており、仮にタカ派的な内容であった

としても「突っ込み」の売買には注意が必要だ。

 

以上、二つのポイントを並べると、NY金にとっては「下押し」が優勢である

が、市場のセンチメントとしては「ひとまずのガス抜きを求めている」感もあ

り、相場が下がった場面では逆に押し目を狙う動きが見られるかもしれない。

 

※吉中 晋吾(よしなか・しんご)氏 バーグインベスト代表

【無断転載をお断りします。時事通信社】

[/20170920CCC0033]

 

出所:時事通信社 無断転載不可

2017/09/20 09:34