休暇



今週は3日間(土~月)を利用して、しまなみ海道を自転車で渡ってきます。

因みに、生まれは地元(三原市)であるが何の予備知識も無い。

 

息子二人(小6・3)と一緒に渡るため毎朝5:30から20km近くをトレーニングしているが、大人の私のスピードにも楽々付いてくるようになった。

子供の成長もはやい。

 

親が生まれた瀬戸内を体感させてあげたかった事が第一の理由であるが、私自身が地元を離れ20数年経つので「今」の瀬戸内がどの様に変化したかを楽しみにしている。

 

という事で、通常のレポートやコメント等は旅先で、また一部レポートは東京に戻った後に配信させて頂きます。

 

 

さて、夏季休暇ど真ん中、という事で外は静かな朝となっている。(8/14)

 

今週は地政学的リスクの警戒が続く中、主要市場では重要指標が発表されるため突発的な市場の変動には注意したい。

特に、米・英・ユーロでは消費者物価指数や小売等の指標が控えており、それぞれが値位置的にも分岐点に差し掛かっているため、北朝鮮の外的要因と合わせ調整していく必要がある。

 

現状14-15日の間が警戒感もピークなると考えられているが、その後の反動もしっかりと織り込んだ上でのポジショニングが重要になり、特にゴールドは関しては言うまでも無い。

 

夏季休暇でボラが薄い中、今週は重要指標・イベントを控え地政学的リスクにも面しており、かつ重要な分岐点を迎えた市場も多い事から忙しい一週間になりそうである。

 

以下参考にして頂ければ。

 動画解説:マーケット分析 2017/8/14

https://burgonline.teachable.com/courses/academy/lectures/3188169

 

 

 

 

 

 

 

 

―当レポートに関しまして―

当レポートの著作権はすべてバーグインベスト株式会社(Burginvest Co.,Ltd.)に帰属し、転載および無断引用は固くお断り致します。

また当レポートは、市場の研究とその情報の提供を目的としたものです。投資方針や時期選択等の最終判断はご自身で判断されますようお願い致します。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、バーグインベスト株式会社は一切の責任を負いかねますことをご了承願います。ご理解を頂きありがとうございます。