さよなら煙



一カ月か・・ニコチンが飛んだようだ。

 

「最後の一本」と言って、煙草に火を付けライターを投げ捨てる事はこれまで2-3回あったが、11/24(誕生日前日)に新宿の飲み屋で最後に火を付けて以来、何故か吸っていない。

 

何だろうね、ただ体がその辺でボチボチ締めておこうか、といった感じ。

1年半も、一日1本半という意味不明な喫煙を続けて来たので丁度いいタイミングかもしれない。

 

ところで「クリぼっち」は何だ?

別に一人でも何でも構わないと思うが。

クリスマスでは無いが、自分もお好み屋へ行く時は必ず一人。

「そばのダブルとキリンの大瓶」で端にある汚らしいテレビを見ながら黙々と食すのが普通で、大勢の人間とペラペラ喋りながら食おうとは思わない。

お好みは。

 

チキンを食べたけりゃ、365日自分の好きなタイミングで食べればいいし、何かを祝いたければ自分のペースで祝えば良い。

 

さて、12/24 6:30現在、マーケットは週後半に掛けてフェードアウトした。

 

オイル(WTI)は、終値ベースでは昨年7月以来の高値引けという事で、12/10会合後の$50割れから一転し力強い動きとなっている。

ポジション的には強気な動きにも見えるが、スプレッドの視点ではあまり・・・といった感じにも伺える。

新興国・資源国通貨は、10/14-15の米FOMC以降は残念な展開となっており、このタイミングでのオイルと資源国通貨のハンドルは控えた方が良いのではないだろうか。

ドルは横ばいだが、年末に掛けて少し調整するのかな?

金利市場は無反応のお休み状態となっており、今年9月以降から続いた米FOMCの動向に対する調整期間を経て疲れ切った状態かも知れない。

 

ゴールドは、コラム等のアナリストのコメントがフェードアウトしているね。

チャートは見ての通り、内部も残念、でもディールに関しては通常運転。

 

 

 

―当レポートに関しまして―

当レポートの著作権はすべてバーグインベスト株式会社(Burginvest Co.,Ltd.)に帰属し、転載および無断引用は固くお断り致します。

また当レポートは、市場の研究とその情報の提供を目的としたものです。投資方針や時期選択等の最終判断はご自身で判断されますようお願い致します。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、バーグインベスト株式会社は一切の責任を負いかねますことをご了承願います。ご理解を頂きありがとうございます。