盛り上がり



さすがに日本シリーズともなるとプロ野球も盛り上がる。

広島では視聴率が50%越えとか・・・25年ぶり?というのもあるが、そもそも県民のカープ愛は普通ではないからね。
昨日のシリーズ第3戦は、広島生まれの自分が日ハムを、そして東京生まれの息子たちがカープを応援していた。
「3つ目(10/25)勝って明日(10/26)札幌でストレート優勝するより、カープ3―日ハム2くらいでマツダに帰って優勝の方が盛り上がるだろう?」と私が理由を説明しても、「はぁ!?」という感じであった。

どうなったらより面白くなるかを遠目で見ているので・・・冷めていると言われても仕方ないか。
お好み焼きに関しては、「広島風」と言われるだけでカチンとくるが。未だに。

さて、ブログを1週間お休みして改めてマーケットを見ると、分岐点を迎えている市場も結構多い。

コモディティでは、金白金スプレッドが10/21日に$340を付けた後、再び$300割れとなるかどうかといった展開であるが、2月末、6月中、そして10月中と3-4カ月の感覚で$300越えとなり3度目の正直で下に調整していくかどうか。

下図:金プラチナ・スプレッド https://jp.tradingview.com/x/LYDPYul1/

金は$1250レベルでは実需が活発となり、先物のカラ売りも深追いする事なく手仕舞いされている為、「ゴールドが強いのであれば先ずは・・・」という考え方もあるかも知れない。
ただ、実需とペーパー・ポジションのハンドルの仕方は異なる点は注意したい。

原油もOPECと産油国絡みの報道で値動きの荒い展開となっているが、10/14くらいから息切れ感が見て取れるような。
ただ、丁度その水準で切らされた売り方としては、何とも歯がゆいマーケットかも知れない。
11月のウィーンで「暫定合意」の判断が下されると言われているが、いずれにせよ、まだまだ飯の種には尽きない展開が続きそうである。

下図:WTI原油とCADUSD  https://jp.tradingview.com/x/Tiip5so0/

―当レポートに関しまして―
当レポートの著作権はすべてバーグインベスト株式会社(Burginvest Co.,Ltd.)に帰属し、転載および無断引用は固くお断り致します。
また当レポートは、市場の研究とその情報の提供を目的としたものです。投資方針や時期選択等の最終判断はご自身で判断されますようお願い致します。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、バーグインベスト株式会社は一切の責任を負いかねますことをご了承願います。ご理解を頂きありがとうございます。