12月の話



おお、気付かなかったが、PHISHが10/7にBIG BOATというアルバム出すみたいですね。
普段は延々とライブ盤を流しっぱなしだが、久々にスタジオ盤を聴くのも楽しみだ。

2004年に解散してから再結成までの5年(くらい?)は、自分も音楽から遠ざかっていたが、やはり4人が一緒にジャムるのを見るのが最高に楽しい。
もう日本には来ないだろうから、シアトルか西海岸のツアーにチャンスがあれば行きたいが・・今は無理か。

ところで、どうしたモウリーニョとマンUは?
公式戦3連敗で、再びモウの審判批判が始まった。
モイーズを少し丁寧にした感じ、と言った表現でライバルファンから見下されているが、モウリーニョはチェルシーの最後から、マンUはマンUのまま何も変わって無い様な・・・
頑張れ、スペシャルワン。

さて、マーケットはどうだろうか?

9月米利上げの行方は、先週9/15木曜日の米小売りで「勝負あった」といった感じのニュースも流れていたが、その件に関しては、9/12のFED常任理事の気が遠くなる程イタい会見で既にふっ飛んでいたはずだ。

と言うよりも、既に12月を想定した指値に移動している。

現時点で、仮に9月利上げとなった場合でも旨味のある場所は多くないのでは無いだろうか?中途半端なポジショニングでは、逆にバシバシッと往復を喰う破目になる可能性もある。

逆も似たような状況かも知れない。
21日FOMCで順当に見送りとなったとしても、その数時間前に開催される日銀政策決定会合の内容次第で、ドル対主要通貨などが中途半端な値位置に留まる可能性もある。

理想としては、Mr.黒田が通常運転で強力なバックアップをしてくれる事を願う。

今週(9/19-23)は、中央銀行関連(公定歩合・議事録)等の発表が続いている為、米FOMCの動きと合わせ注意したい。

ゴールドは、内部が少々重たい。FOMCが市場予想の方向で動けば、幾分早い段階でロングが吐き出されるのではないだろうか。
https://jp.tradingview.com/x/4x9YDPl9/

―当レポートに関しまして―
当レポートの著作権はすべてバーグインベスト株式会社(Burginvest Co.,Ltd.)に帰属し、転載および無断引用は固くお断り致します。
また当レポートは、市場の研究とその情報の提供を目的としたものです。投資方針や時期選択等の最終判断はご自身で判断されますようお願い致します。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、バーグインベスト株式会社は一切の責任を負いかねますことをご了承願います。ご理解を頂きありがとうございます。