ゴールド 1



週末から数日間アジア地域に出張となった。

国民性によって同じ投資対象でも手法やアプローチが異なるため、現地の投資家の声や雰囲気を肌で感じる事が出来るのはとても貴重である。

海外の楽しみの一つと言えば「食」であり、シンガポール駐在時は国内や近隣国の屋台を巡ってはお気に入りの店を発掘していた。

ただ今回は100%仕事である。次の機会に楽しみたい。

さて、そのアジアで好まれる投資対象は様々であるが、やはりゴールドの人気は高いのではなかろうか。

インド、中国、ベトナムの様に文化、歴史的に結びつきの強い国々では主に長期保有を目的とした実物資産として購入されるが、近年では日本においてもその傾向が顕著になっている様である。

そのゴールドは金曜日も地合いの強さを確認する事となった。

金曜日に発表された米GDPやPCE指数が予想を上回った事から利上げ観測が拡大し、ドルは主要通貨に対して上昇した。

その様な中、ゴールドも当然売られる格好となり前日終値(GLOBEX)から日本時間1:00AMの間に約$20の下落を見せたが、$1212近辺をヒットした以降は力強く反転し$10の戻しとなった。

シルバーやプラチナといった他メタルが下がり続けた中でのゴールドの反転は興味深い。

ドル上昇時におけるゴールド単独の上昇はより興味深いが。

※キャンドル:ゴールド、赤ライン:プラチナ、黄色ライン:シルバー



Leave a comment

One thought on “ゴールド